スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩井俊雄さんと、西澤潤一先生の共通点?

メディアアーティストの岩井俊雄さん。「100階だての家」という絵本が、子どもたちにとても人気ですが、


ウィキペディアによると、
2006年に「いわいさんちへようこそ!」として書籍化および展覧会開催。2007年に織部賞、2009年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、とあり、有名な芸術家の方のようです。

さて、息子と本屋で、この100階だての家を立ち読みしましたが・・・
内容そのものよりも、カバーに書いてあった、この方の経歴?が興味深かったのです。

というのも、岩井さんは、ある時からお母さんに「もうおもちゃは買わない」と言われ、そのかわりに、工具セットや、材料を用意されたとのこと。
それから色々と作ることがお好きになっていかれたようで。

実は私も息子の誕生日に、工具セットを用意できたらな~と考えたりしていました。
ですから、このエピソードは興味深かったのです。

というのも私は、ある方の影響を受けています。
それは偉大な学者であり、発明家であられる、西澤潤一先生(光ファイバーの発明が有名)。
TVで西澤先生の存在を知り、先生の自伝「私の履歴書」を読みましたが、その中で、
子どものころにエジソンのような人にあこがれて、親に大工道具を買ってもらって様々な物を作っていたという、記述がありまして。
息子が、西澤先生のように「少しでも世の中の役にたてる人になってくれたら」という思いから、
西澤先生の後追い的に、「工具セット」というのが頭にありました。



この自伝本を読んだ当初は、「息子が西澤先生のような素晴らしい人間に育ってくれれば」
と、熱くなったものですが・・・

今では、息子にしか無い、「何か」を、彼自身が見つけて、伸ばして欲しいという気持ちになり、
「とにかく健康で元気でいてくれたら良いさ」という気持ちに変化しつつあります。

とはいえ、聞いてみました。息子に。
「おもちゃ買うのやめて、自分で作ってみない?」と。
勿論「やだ!」とにっこり。

岩井さんや西澤先生の背中は、遠いのでした( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ぶらさがりきのプー

Author:ぶらさがりきのプー
30代後半で高齢出産!
夫が頑張ったのと、私がパートを始めて、最近我が家の年収は300万円を越えました!
家族で仲良くラブラブしています!

我が家の食費
※平成24年までは3万円以下の食費でした。 が、平成28年現在は約5万円! 大変だー!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ご案内
アフィリエイト・SEO対策
FC2ブログランキング
Amazon商品一覧【新着順】
記事から探す
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。