スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎体温から学んだこと

33歳まで、基礎体温を測っていませんでした。
そして子どもが授かったときは、体温を測っていませんでした。

言い訳ですが、毎日測るのって、面倒だし、仕事をしていると残業やらで一定の時間に寝るわけでもないから、正確に測るのが難しかった。
朝お手洗いに立って「また測り忘れてしまった・・・」と、何度ガックリきたことか。

そして何より、折角排卵日らしい日がわかっても、Hができないことが、精神的にきつかった。「今月も卵は流れてしまった・・・」と。

結局、私は続けることができなかった~
で、測るのをやめたら、何となく気持ちも楽になって、「子どもは授かり物だから、前向きにチャンスを待とう」という気持ちの後押しにもなった。

とはいえ、それまでは、かなり測り忘れながらも3ヶ月~4ヶ月測り続けて、
非常に疲れる時や、気持ちが落ち込む時、体が冷える時が排卵日らしいこと。(そのあたりに風邪をひきやすかった)
おりものがビニョーンと伸びるあたりが非常に排卵日に近いことがわかってきた。

基礎体温を測るまでは、おりものの量の変化は、ただ体の疲れに比例しているとしか思っていなかったので、排卵日に関係しているとは思ってもいなかった30半ばの無知な私でした。

体温は測り続けられなかったけど・・・学んだことは多かったと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ぶらさがりきのプー

Author:ぶらさがりきのプー
30代後半で高齢出産!
夫が頑張ったのと、私がパートを始めて、最近我が家の年収は300万円を越えました!
家族で仲良くラブラブしています!

我が家の食費
※平成24年までは3万円以下の食費でした。 が、平成28年現在は約5万円! 大変だー!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ご案内
アフィリエイト・SEO対策
FC2ブログランキング
Amazon商品一覧【新着順】
記事から探す
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。