スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校では教えてくれないお金の話を読んで・・・

流通ジャーナリストの金子哲雄さん、2012年に亡くなられたのですが、その金子さんの本を図書館で発見しました。
タイトルに惹かれて読みましたが、勉強になりました。

様々な「価格のカラクリ」がわかる本ではありますが、
それよりもなにより、金子さんの生い立ちが書かれた箇所が多々あり、興味深かったです。

小さな頃から、金子さんのお父様が船会社に勤められていて、ドルで給料をもらうために、為替レートでは大きく年収が変わってくる為、節約に対する意識が高かったという金子さんのご実家。
光熱費の節約の為、ご家族全員が揃わなければ、家に入れなかったというエピソードも書かれています。

金子さんが何かを欲しいと思ったときには、親にしっかりとしたプレゼンテーションをして、見積もりも最低3種類とらなくてはならなかったとか、
休日は家族でなるべく図書館などの公共の施設で過ごして、出費を抑えながら、知識の習得にいそしんだこと。
自らの進学も、コスパを考えた上で選択したということなど。
市場に溢れるものとは戦わず、唯一のものを目指して、流通ジャーナリストという肩書きを自ら作った事なども書かれています。

まさに、生い立ち環境が、彼の生き方をそのものを作り出したことが読み取れます。

金子さんの生い立ち以外で、この本で心に残ったこと。
それは、「好きな仕事がもうかる仕事」という章。

-仕事だとは思わずに、好きで楽しいことをやってお金をもらえたら、「もうかった」と思いますよね?-
という金子さん。

我が家の旦那様は、好きな仕事をしています。
正直年収は低いし、仕事内容も人件費を削るために厳しくはなっているけれど、
好きな仕事をしている為か、若々しい。私に対してストレスで不満をぶちまけるわけでもない。
友達からは「仲が良くてうらやましい」と言われるし、そういう意味では
もうかっているのかもしれないヽ( ´_`)丿

あと、この本で心に残ったことがもう一つ。
金子さんがある課外授業で出会った中国の方から教わった、「教育ほどすばらしい財産は無い」という話。
アグネスチャンさんも、同じようなことをテレビで話してましたし、
ビートたけしのお母さん、北野さきさんの著書「ここに母あり」の中でも、「貧乏を断ち切るには、教育だけは惜しまなかった」という話しが。

我が家の息子にも、教育の機会と習慣だけは、しっかりと与えてあげたいな。
スポンサーサイト

家事もお金も、すきまが大事!?

2割で結果

先日、コンビニで見つけて衝動買いしてしまった本です。
サブタイトルの「どんなにがんばっても結果が出ない・・・から抜け出すヒント」に惹かれてしまいました。

ちなみにタイトルは「2割に集中して結果を出す習慣」古川武士さんの本です。

1000円程の本なのですが、読みやすいのと、心に刺さるので、夫婦で何度も読んでいます。
本の内容としては、完璧主義よりも、失敗を恐れずに、効率的に取り組んだほうが、様々なことに成果が出るよ~というもの。

ビジネスに活用できることが中心には書いているものの、私にとって、家事家庭運営は仕事と同じ。
参考になるはずと思いましたが、本当に参考になりましたし、実際に役立てることもできました。(その内容は後ほど)

本の中には、成果を出すためのコツが色々と書いてあるのですが、その中で心に刺さった一つが、

完ぺき主義の人は  「まとまった時間で仕事をする」
上手に力を抜く人は 「スキマ時間で細切れ仕事をする」

という内容。
これは、知り合いの、家計も家事も「デキる主婦」も同じ事を話していて、納得しました。

「デキる主婦」いわく、「掃除は溜め込まず、少しずつ。何かをした、ついでよ。」
そして、「僅かな出費の積み重ねで、大きな出費に繋がるのよ~」

ふむふむ。

私は、掃除もまとめてするタイプだし、僅かな出費を「ま、いっか!」と積み重ねてしまうタイプ。

スキマ時間は意外に多くて、携帯で芸能ニュースをチェックする時間やらを、携帯の累積時間で見ると、2ヶ月で8時間近くになっていた!
ならば・・・できることは沢山あるのだ!!

ちなみに、我が家の携帯は、旦那様とあわせて、月6000円。私はスマホですが、旦那様はガラケーです(本人の希望)。
友達の家は、携帯代金が1万円超えるとか。我が家の金額との差は4千円。
これが年間だと4万8千円。
これが10年だと、48万円です。ひと財産ですよね。

ちなみにこの本の中に「他人の力」を上手に活かす・・・というのを活かして、
先日、友人の結婚祝いの会も、自分だけで抱え込まず、皆に仕事をふって、無事成功させることができたヽ(≧∀≦)ノ
成功体験って大事。

メール返信も、渾身の内容で疲れる時があったけど、
最近少し適当に出来るようになったかも。

というわけで、完ぺき主義で苦しむ方に、おススメです(*^_^*)

あれ、アマゾンで探したら、同じ冊子タイプの本が無いぞ・・・
私のはコンビニ仕様なのかな。

保険を知りたいと思ったとき出会った本☆

FPに相談したり、保険やさんに行きたくない、けれども保険には入らなくては、保険について知りたい・・・と思っている私のような人には、保険の手引き本としておススメの本です。
まだ半分しか読んでおりませんが、今入るべき保険の概要や注意点がわかって大助かり。

昨年2011年の7月に出た本。
『「保険にはいろうかな」と思ったときに読む本』-竹下さくら著

「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本

具体的な保険会社の紹介がされているのではなく、各保険会社の格付けや、具体的に各会社で出している保険について解説しているわけではなく、
純粋に、保険についての基礎知識が得られます。

①保険の概要や種類、それぞれのメリットデメリット
②今自分に必要な保険は何か
③保険料の家計に占める割合の目安
④保険会社の健全性の指標

等などが書かれています。
(目次だともっと役立つ色々なことが書かれていますが、まだ読み込みが半分なので・・・)

この本を書かれた竹下さんは
独立系FPといって、どの保険会社とも代理店契約をしていない方だそう。
色々な保険を中立的立場で解説してくれています。

これを読んでから、どういう保険が我が家に必要かを夫と確認。
方向性を決めてから、各社保険の資料を取り寄せています。

何かあったときに、
どういうお金が必要になってくるのか
どんなお金が入ってくるのか(公的医療保険や遺族年金等)
選ぶ保険についての注意点や考慮すべきこと
入ったあとの注意点

も書かれているので、保険に入っているけれど、よくわからないという方にも活用できる本だと思いました☆

*****************************

話は変わりますが、昨日「ごきげんよう」という番組に出ていた高知東生(たかちのぼる)さんが、韓国の歌手(『FTISLAND』というバンドのボーカル)であり俳優でもある、イ・ホンギくんについて、本当に良い青年だと話されていましたね。

高知さんの奥様、高島礼子さんが韓国のドラマに出演することとなったそうですが、
この撮影で一緒だったイ・ホンギ君、台本の急な変更などで苦労されている高知さんを目の当たりにし、自らも日本での活動で苦労したことを思い、自身も忙しいであろう中、高島さんに色々と協力してくれたそうです。

このイ・ホンギ君、歌番組や、「美男(イケメン)ですね」なんかで知ってはおりましたが、今風の男の子といった感じで、特に関心は無かったのですが、こういう話を聞くと、私は単純なので注目したくなります~

テーマ : 節約生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

田口智隆さんの「お金を生み出す朝30分の習慣

10月のはじめに、タイトルの「お金を生み出す」に惹かれてサラッと立ち読みしました。

大きな借金を持っていたという田口さんですが、習慣が変わり、結果的にお金を生み出す生活に変わっていったそうです。
ちなみにこの田口さん、今では、朝4時起きだとか。

立ち読みで申し訳ないのですが、それ以来、私も今までより朝1時間早く起きるようになりました。
それで10分位は散歩するようにしています。
(あとは旦那様のお弁当作りや、玄関掃除等、新聞チェック・・・)

まだお金を生み出していませんが、将来について考えたり、1日のスケジュールを考える良い時間になってます。
新聞のチラシもチェックして、安いお店を把握できるし。
早起きは三文の得ですね。

げん玉でお金がたまったら買いたい本です。


栗原さん、憧れです!

素敵な主婦イコール栗原はるみさんのイメージ。

以前NHKのプロフェッショナルで拝見した時に、レシピを考えて本に載せる大変さがにじみ出ていましたが、その大変さのおかげ?か、haru-miという栗原さんの編集に携わる冊子は、読んでいて心が洗われます。

その栗原さん、駆け落ち同然の結婚をしてから、夫の玲児さんが会社を辞めて選挙に出て落選。その後はしばらく無収入で大変な時期があったとか。
今では見るからにチャキチャキで素敵な栗原さんですが、その当時は一人では何も決められない女性だったとか。(NHK プロフェッショナルより)
家族を思って料理に力を注ぐようになり、今の栗原さんになっていったそうです。

正直haru-miの冊子に載るレシピは、今の我が家では真似が出来ない高価な原料のレシピもありますが、盛り付けや、生活スタイルの目標として目指していたいもの。

毎月の発行ではないので、お小遣いを貯めて、なんとか手に入れたい本の1冊です。



プロフィール

ぶらさがりきのプー

Author:ぶらさがりきのプー
30代後半で高齢出産!
夫が頑張ったのと、私がパートを始めて、最近我が家の年収は300万円を越えました!
家族で仲良くラブラブしています!

我が家の食費
※平成24年までは3万円以下の食費でした。 が、平成28年現在は約5万円! 大変だー!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ご案内
アフィリエイト・SEO対策
FC2ブログランキング
Amazon商品一覧【新着順】
記事から探す
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。