スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩井俊雄さんと、西澤潤一先生の共通点?

メディアアーティストの岩井俊雄さん。「100階だての家」という絵本が、子どもたちにとても人気ですが、


ウィキペディアによると、
2006年に「いわいさんちへようこそ!」として書籍化および展覧会開催。2007年に織部賞、2009年に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、とあり、有名な芸術家の方のようです。

さて、息子と本屋で、この100階だての家を立ち読みしましたが・・・
内容そのものよりも、カバーに書いてあった、この方の経歴?が興味深かったのです。

というのも、岩井さんは、ある時からお母さんに「もうおもちゃは買わない」と言われ、そのかわりに、工具セットや、材料を用意されたとのこと。
それから色々と作ることがお好きになっていかれたようで。

実は私も息子の誕生日に、工具セットを用意できたらな~と考えたりしていました。
ですから、このエピソードは興味深かったのです。

というのも私は、ある方の影響を受けています。
それは偉大な学者であり、発明家であられる、西澤潤一先生(光ファイバーの発明が有名)。
TVで西澤先生の存在を知り、先生の自伝「私の履歴書」を読みましたが、その中で、
子どものころにエジソンのような人にあこがれて、親に大工道具を買ってもらって様々な物を作っていたという、記述がありまして。
息子が、西澤先生のように「少しでも世の中の役にたてる人になってくれたら」という思いから、
西澤先生の後追い的に、「工具セット」というのが頭にありました。



この自伝本を読んだ当初は、「息子が西澤先生のような素晴らしい人間に育ってくれれば」
と、熱くなったものですが・・・

今では、息子にしか無い、「何か」を、彼自身が見つけて、伸ばして欲しいという気持ちになり、
「とにかく健康で元気でいてくれたら良いさ」という気持ちに変化しつつあります。

とはいえ、聞いてみました。息子に。
「おもちゃ買うのやめて、自分で作ってみない?」と。
勿論「やだ!」とにっこり。

岩井さんや西澤先生の背中は、遠いのでした( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト

国内でワーキングホリデー!?

先日ニュースで目からウロコの情報が。
北海道のニセコで、ワーキングホリデーが行われているとのこと。

ワーキングホリデーって、外国に行って働くものじゃないの?
いやいや・・・今は2種類あるんですね。
他国に行って、行うものと、
国内で行うもの。

国内で行われるものだと
「ふるさとワーキングホリデー」という制度ができたそうで。
北海道・福島県・兵庫県・奈良県・山口県・愛媛県・佐賀県・熊本県の8都道府県で実施しているとのこと。

労働の他、地元の人との交流や、その地域を活性化という目的もあるようですが、
必要とされるのは若い労働力なのではないか?という視点もあるようですが、

私が見たニュースに出ていた学生は、
「留学前に、英語を使って生活したい!」という気持ちで、ニセコを選択して、ワーキングホリデーしたとのこと。

ニセコといえば、近年外国からの観光客が、長期滞在してスキーやレジャーを楽しむ場所として有名です。
ニュースで拝見した学生は、そこで一定期間、観光案内など、外国語を使った仕事に携わり、生きた語学学習をできたとのこと。

その人の目的や、就労場所によって、充実されられるかが違ってくると思うのですが、
私がTVで見た学生は「本当に良かったです!こんなに外国語を使える日常とは想像していませんでした!」といったことを話しておられました。
滞在期間は1か月以内というショートステイだったようですが・・・

良いな良いなv(o゚∀゚o)v
将来息子に留学をねだられたら・・・「国内でもガンガン外国語を活用できる場所があるんだから~(^^♪」と勧められるわ!

ニセコの他にも、「ワーホリ北海道」(北海道総合政策部地域創生局地域政策課移住交流グループ)というサイトでは、様々な地域の募集が見られました。

きっと、行ってみたら予想とは違ったとか、逆に良かったとか、色々なパターンは予想されるけれど、
休暇を使っての就労で、視野を広げる手段としては、良いなあと、
小さな息子を見ながら早すぎる妄想をしました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

鶏むね肉が!超やわらかジューシーに!!

夫が大嫌いな鶏むね肉。
お酒やみりんで漬け込んで柔らかくしても、全然ダメ・・・
安くて家計に優しいのに、なかなか喜んでもらえなかった。

が!
今回クックパットさんで見つけた、鶏むね肉を柔らかくする方法を試したら!!!
超やわらかジューシーになりました!
勿論旦那様も大喜び(。>ω<。)ノ

鶏むね肉を柔らかくする方法

1ℓの水に大匙2の塩を入れ、胸肉2枚位を入れて、5時間程冷暗所で放置・・・
ただこれだけ!
ちなみに我が家は、同量の塩水に肉3枚でしたが、十分ちゃんと柔らかくなりました。

塩なんて身が固くなるとばかり思っていたのに!
しかも、水に肉を入れるなんて、美味しくなるわけないと思っていたけど、試して良かった!

柔らかくなった肉を、さらに味付けして唐揚げにしましたが、ジューシーで絶品でした!!

幼稚園にかかった年間費用を計算してみた

2年前、子どもが入園する前は、我が家の年収で、幼稚園に行かせられるのかなぁ・・・私が働きに出ないで大丈夫か?と
不安いっぱいだった。

年間の予算計画をたてて、
それほど読まなかった新聞を解約したり、大好きだったスイーツを買う頻度を減らしたり、本はなるべく図書館で借りたり、中古で仕入れたりすることなど、生活の見直しをすることで、
やっと幼稚園に通わせられる見通しがついた我が家の家計。

年間予算をたてるだけじゃなくて、家計簿でしっかり現状把握に努めました~
よく「家計簿つけているなんて偉~い」って言われましたが、つけないと、生活が大変なんです(*ノ∪`*)

今回久しぶりにその2年前の家計簿を開いて、年少さんの時に
幼稚園で年間にかかったお金はどの位だったのか計算してみました。

 
  入園金             50、000円
  制服・ジャージ        34、000円(普段はジャージ)
  A合計              84,000円
※この2項目は、入園の前年に納付



進級費            17、000円
保育料 18500円×12
バス代 2000円×12  246,000円
行事のバス代         3,000円
PTA会費            3,000円
給食費             24,000円

上靴代               700円
スモッグや座布団(手作り) 3、500円
幼稚園鞄            1,000円
弁当セット           2,900円 
ネームペン・インデックス  1,000円
水筒              1,300円
水泳バック          1,000円
ぞうきん              200円
手拭タオル          2,000円
制服のポロシャツ4枚    4,000円
タイツ・レギンス
  靴下・ランニング・シャツ 5,000円

行事写真購入代       6,000円 

   B合計         321,600円

ここから、私の住む地域では、私立幼稚園の減免金というのがもらえて、所得に応じて、保育料の何割かが返ってくるのですが、それが            約110,000円

で、Aの金額は前年の家計から出したので、
  B合計321,000円-110,000円=211,600円
となりました!

我が家は、
ジャージの中に着るティーシャツや、冬のスノージャンパー・手袋・帽子、夏の水着等、下着以外のものは、ほとんどお下がりを頂けました。遠足に行く時のリュックと、靴も長靴も、カッパも傘も、お下がりです。
だからまだ、これでも我が家の出費は安い方です

幼稚園ってお金がかかるんだなぁ!!と、実感。
いやいや、ここに計上されている意外にも、「ママ友とのお付き合い」という、お金も発生しているのですよ~
ほんと、幼稚園に入れるって、簡単じゃないわ!!

ちなみに、お下がりが足りない場合は、オフハウスや、キッズ中古衣料品店で仕入れたりしました。

年中になれば、年少の時の物を活用できるけれど、劣化や、成長にともなって着られなくなる、履けなくなる等がでてくるし。
成長は 嬉しいけれど 母辛し・・・

てなわけで、我が家のケースが、どなたかの家計の参考になれば幸いでっす(*゚ェ゚*)

学校では教えてくれないお金の話を読んで・・・

流通ジャーナリストの金子哲雄さん、2012年に亡くなられたのですが、その金子さんの本を図書館で発見しました。
タイトルに惹かれて読みましたが、勉強になりました。

様々な「価格のカラクリ」がわかる本ではありますが、
それよりもなにより、金子さんの生い立ちが書かれた箇所が多々あり、興味深かったです。

小さな頃から、金子さんのお父様が船会社に勤められていて、ドルで給料をもらうために、為替レートでは大きく年収が変わってくる為、節約に対する意識が高かったという金子さんのご実家。
光熱費の節約の為、ご家族全員が揃わなければ、家に入れなかったというエピソードも書かれています。

金子さんが何かを欲しいと思ったときには、親にしっかりとしたプレゼンテーションをして、見積もりも最低3種類とらなくてはならなかったとか、
休日は家族でなるべく図書館などの公共の施設で過ごして、出費を抑えながら、知識の習得にいそしんだこと。
自らの進学も、コスパを考えた上で選択したということなど。
市場に溢れるものとは戦わず、唯一のものを目指して、流通ジャーナリストという肩書きを自ら作った事なども書かれています。

まさに、生い立ち環境が、彼の生き方をそのものを作り出したことが読み取れます。

金子さんの生い立ち以外で、この本で心に残ったこと。
それは、「好きな仕事がもうかる仕事」という章。

-仕事だとは思わずに、好きで楽しいことをやってお金をもらえたら、「もうかった」と思いますよね?-
という金子さん。

我が家の旦那様は、好きな仕事をしています。
正直年収は低いし、仕事内容も人件費を削るために厳しくはなっているけれど、
好きな仕事をしている為か、若々しい。私に対してストレスで不満をぶちまけるわけでもない。
友達からは「仲が良くてうらやましい」と言われるし、そういう意味では
もうかっているのかもしれないヽ( ´_`)丿

あと、この本で心に残ったことがもう一つ。
金子さんがある課外授業で出会った中国の方から教わった、「教育ほどすばらしい財産は無い」という話。
アグネスチャンさんも、同じようなことをテレビで話してましたし、
ビートたけしのお母さん、北野さきさんの著書「ここに母あり」の中でも、「貧乏を断ち切るには、教育だけは惜しまなかった」という話しが。

我が家の息子にも、教育の機会と習慣だけは、しっかりと与えてあげたいな。
プロフィール

ぶらさがりきのプー

Author:ぶらさがりきのプー
30代後半で高齢出産!
夫が頑張ったのと、私がパートを始めて、最近我が家の年収は300万円を越えました!
家族で仲良くラブラブしています!

我が家の食費
※平成24年までは3万円以下の食費でした。 が、平成28年現在は約5万円! 大変だー!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ご案内
アフィリエイト・SEO対策
FC2ブログランキング
Amazon商品一覧【新着順】
記事から探す
RSSリンクの表示
ご意見・ご感想はこちらから☆

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。